任那の返還を求めては

韓国による竹島の不法占領はよく知られています。保守陣営ばかりでなく共産党までもが韓国の不法占拠を主張し、日本領土への返還を求めています。平和的にこれを実現するには、極めて厳しい状況です。 

しかし、この際「竹島」などと、せこいことを言わずに、済州島、韓半島の南部「任那」の地域の返還を求めてはいかがでしょうか。歴史的に荒唐無稽な話ではありません。現在の韓国では否定されていますが、出土する遺跡やチャイナの文献から、任那は日本の勢力範囲にあったことは間違いないと思います。

任那は、韓国の前身である新羅に、西暦568年に滅ぼされ占領されました。韓国政府は、この地域が日本と共通の文化圏にあった事を、極力抹殺したがっています。前方後円墳の存在ばかりではなく、「新羅(しらぎ)・百済(くだら)・任那(みまな)の勢力圏内で大量に出土するヒスイは、朝鮮半島で産出されないことから、日本から渡った物だということが、確実視されています。

高句麗の旧領では、ヒスイや勾玉はほとんど出土していないようです。ちょっと飛躍しすぎているかもしれませんが、任那の日本返還を主張してみてはいかがでしょうか。意外に韓国南部の人は、そのことを望んでいたりして。




戻 る



【パブフル】
総合旅行予約サイトの楽天トラベル


【パソコンモニター募集】

inserted by FC2 system