岩手の福岡中学 明治神宮で活躍

 神宮外苑に明治神宮競技場が竣工したのは1924年(大正13)のことであり、同年から内務省主催の「明治神宮競技大会」が開始されることになった。日本のスポーツ競技普及に大きな役割を果たし、戦後の国民体育大会の基になった大会でもある。

 中等野球(現在の高校野球)も第1回から開催された。ただし、野球場が完成したのは1926年の第3回大会からで、それ以前は大学グラウンドなどを用いていた。基本的に夏の全国大会上位チームを招待することが多く、この方針は現在の国体に受け継がれている。

 他の競技大会と同様、戦争の影響で1942年(昭和17)の第17回をもって大会は中止となった。年次によっては「明治神宮体育大会」、「明治神宮国民体育大会」、「明治神宮国民練成大会」とも呼称していた。 

 1928年(昭3年)には、御大典奉祝記念大会として開催されたが、この大会には、旧制福岡中学が選抜されて出場し、見事に準決勝に勝ち進んだのである。前年夏の大会には、初出場ながら、優勝した高松商業と大接戦を演じ、春の大会には、東北・北海道勢としては初めて選抜された強豪チームであった。

 春の大会には、練習部不足のため出場を辞退したが、御大典奉祝記念大会にも選抜されて出場した。御大典奉祝記念大会は、昭和天皇陛下の即位を記念して開催された大会であったが、初戦で春の選抜大会優勝の関学中学に勝利したのであった。 

 準決勝は、名門和歌山中学と対戦。和歌山中学の小川投手と、福岡中学の戸来投手対戦は、屈指の人気を博し、東の戸来か、西の小川かと言われた。試合は、23で惜敗であった。語り継ぎたい二戸の歴史である。

中等野球 選抜大会1928年(昭3年) [御大典奉祝]

1回戦

和歌山中 000 100 100=2
広陵中   000 010 000=1
【和】 小川―島本
【広】 八十川―小川

鹿児島商 000 000 000=0
松本商   100 000 01X=2
【鹿】 能勢―餅田
【松】 中島―百瀬

高松中   003 011 000=5
早稲田実 000 000 000=0
【高】 梶原―中村新、小船
【早】 小林―佐伯

関西学院中 103 010 012=8
福岡中     250 020 00X=9
【関】 悳、加藤―浅井
【福】 戸来―村田

準決勝
福岡中   020 000 000=2
和歌山中 000 011 001=3
【福】 戸来―村田
【和】 小川―島本
 
高松中 301 100 000=5
松本商 001 020 010=4
【高】 梶原―中村新、小舟
【松】 中島、佐藤―百瀬

決勝
高松中   100 000 002 00=3
和歌山中 120 000 000 00=3
※延長11回、日没のため引き分け
【高】 梶原―中村新
【和】 小川―島本

高松中   320 002 003=10
和歌山中 000 000 000=0
※高松中(香川)が優勝
【高】 梶原―中村新
【和】 小川、土井―島本

 
(稲荷神社での必勝祈願)


戻 る

嗚呼!! 明治の日本野球 (平凡社ライブラリー―offシリーズ) クラーク先生とその弟子たち

inserted by FC2 system