私的二輪史研究
「日本のオートバイの歴史」

このページに対する問い合わせ、ご意見、ご感想などは
E−mail:xlh883@sage.ocn.ne.jp


山羽虎夫のオートバイ 

 戦前から国産自動車の歴史などを調査した尾崎政久氏の「日本自動車史」によれば、1904(明治37)年に、国産蒸気自動車(乗り合いバス)を製作した岡山の山羽虎夫が、1909(明治42)年の夏に完成したとの記録がある。

 山羽虎夫は蒸気自動車の製造は続けなかったが自動車への感心は持ち続けた。明治40年岡山市で行われたアメリカ人のオートバイ試乗を見た山羽虎夫は、ガソリンエンジン製作を思い立った。協力者として、海軍レンズなどで有名な坂本鑿四郎氏の協力で明治41年試作車を完成した。
 
 プラグは山羽虎夫が考案して地元の陶器屋に焼かせた。発火コイルは自作し、シリンダーは坂本氏がコツを教えてこれも自作した。第1号蒸気車を完成した岡山市天瀬可真町の工場で明治42年に完成した。自転車に装着して翌43年より約30台を生産し、大阪や東京方面に売り出したが、あまり実用価値はなかったようだ。

 尾崎氏は、我が国の自動車史研究の先覚者で戦前期より貴重な本を発行している。昭和40年代に発行された「日本自動車史」も一級の資料と言うことができる。
 
 今のところ筆者はこの本以外に「山羽虎夫のオートバイ」に関する記述を知らない。もちろん資料不足、調査不足なことは承知しているが、写真や当時の新聞記事、第三者の証言(日記など)を見たことがないので、今のところ未確認として扱いたい。

 しかし、明治30年代にいち早く蒸気式自動車を自作した山羽虎夫ならばガソリンエンジンのオートバイを造ったとして何の不思議はないのである。今後、研究の成果により証明する資料が出て来ることを期待したい。オートバイを造っていたとすれば、どんなものだったのか非常に興味がある。

 この件について何かご存知の方はご連絡を!


 戻 る


日本自動車史―日本の自動車発展に貢献した先駆者達の軌跡  日本自動車史写真・史料集―明治28年(1895年)‐昭和3年(1928年) (-)

inserted by FC2 system