私的二輪史研究 オートバイの歴史
「日本のオートバイの歴史」

このページに対する問い合わせ、ご意見、ご感想などは
E−mail:xlh883@sage.ocn.ne.jp

国産オートバイの夜明け
 我が国に、初めてオートバイが輸入されたのは明治29(1896)年で、欧米諸国でオートバイが実用化された時期とほとんど差がない。しかし、価格が高価なこともあり官公庁や軍関係に使われることがほとんどで、一部の裕福な階級の人達しか使用することなできなかった。こうした中で、明治時代の後半にはオートバイの国産化を目指す先人達が現れるのである。

 この当時のオートバイは、自動(自働)自転車と呼ばれたように、自転車と小型ガソリン機関を組み合わせたものだった。現在も残る自転車メーカー・宮田製作所の社史によれば、明治後期には自転車の国産化を成し遂げたことが記載されている。
 つまり、産業としての自転車制作が確立していたのである。このような背景のもとに、明治41(1909)年頃、横浜の「高木喬盛館」の高木寿次が、自製の自転車フレームに欧州製の4サイクルエンジンを取り付けたものを数台販売している。同じ頃、京都の大沢商会がドイツのスノップのエンジンを搭載したオートバイを販売している。これらは、いずれも輸入エンジンと国産自転車の組み合わせであった。

 このような状況の中で、大阪の島津楢蔵は明治43(1908)年8月、国産初のガソリン機関(2サイクル)の試作に取りかかり12月に成功した。続く明治44(1909)年、島津楢蔵は4サイクル400ccのエンジンを搭載した国産1号車NS号を完成した。オートバイの始まりとされるダイムラーの「二輪的自動車」から24年目、ここに、国産オートバイが産声をあげたのである。

 次章では、1970年代の月刊オートバイ誌に日本二輪史研究会の三輪研史氏が寄稿した「島津楢蔵物語」を掲載し、偉大な開拓者・島津楢蔵氏の業績を称えたい。



国産第1号車 NS号
 
NSとは、島津楢蔵のイニシャルから名付けられた説と、日本島津号から取ったとする説がある


前のページ 

ホンダスーパーカブ―世界のロングセラー NewRay 1/6  トライアンフ ボンネビル ヤマハRZファイル

inserted by FC2 system