なぜHなのか


 我が校はアルファベット表記の際には「Hukuoka」と書く。断じて「Fukuoka」では無い。古くは、初めて甲子園に出場した時にユニフォームの「H」はおかしいと盛んに言われたとのこと。東北ではユニフォームまで訛ると言われた。「Fukuoka」を使ったらダメかと聞かれれば「好きにしてください」と答えるが、間違いなく「Hukuoka」が正しい。では、なぜ「H」をつかっているのか。

・東北人は訛っていて、福岡を「ほこおか」「ほくおか」と発言しているという説

・九州の福岡と区別するために「H」を使っているという説

・あれはHではなく昔の殿様の家紋を簡略化したものとの説

 以上が、これまでに新聞やテレビなどで言われた珍説だ。どれもそれなりに面白いけれど、そんなわけ無いでしょう。いくら訛ったって「ホコオカ高校」なんて言うかい。答えはいたって簡単。日本式ローマ字を使っているから。

「何!、日本式ローマ字を知らない」

「ローマ字には、日本式とヘボン式があるんだ。知ってたか?」

「知らない!。じゃー、教えてやろう」

「基本的にはほとんど同じだが、ほんの少しだけ違うんだ」

「例えば”ち”は日本式だとtiだが、ヘボン式だとchiとなる」

「福岡は日本式だとHukuoka、ヘボン式だとFukuokaとなるわけ」

「さらには、昭和29年の内閣告示によって基本的には日本式を使うことになっているんだよ」 

「それとHを使っていることと何の関係があるかって?」

「それがあるんだよね」

「日本式ローマ字を発案したのが、郷土の英雄・田中舘愛橘博士なんだ」

「博士の業績は別に詳しく書くとして、博士は日本ローマ字社などを設立してローマ字の普及に務めたんだよ」

「それと、明治期に野球害毒論を撤回させたのが博士の教え子の山川東大総長だったんだ」

「つまり、博士は福高野球部の恩人でもあるわけだ。しかも博士の墓石にはローマ字で戒名などが刻まれている」

「わかったか?。断じて福岡高校はHを使うべきなんだ」

 

 昭和初期の先輩方は、「ほこおか」説に抗議をした。同じく昭和30年代の全国駅伝3位の際の「ほこおか」説を放送したアナウンサーからお詫びの手紙が届いた。どう考えても正解は「H」なのである。しかし、昭和2年に激闘を演じた高松商業の水原茂は、最後まで「ほくおか」と信じていたようだ。彼の耳には福中選手の発音が「ほくおかちゅうがく」と聞こえたようだ。



戻  る


国産鶏肉 鶏むね肉 2kg×2個セット あべどり 十文字鶏 業務用 冷蔵品 特選若鶏 ブロイラー

酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

新品価格
¥3,234から
(2020/2/24 16:59時点)

inserted by FC2 system