行軍が年中行事に


暑中行軍(80キロ行軍)

 昭和36年の夏以来、なかなか出場できない野球部を奮い立たせようと応援団幹事が音頭を取り、盛岡まで歩いて応援に行く事となった。野球部と苦しさを分かち合うために始める。 昭和49年の事である。

 以来、有志に受け継がれている。しかし、この時に新しく始めたわけではなく、かつての応援団有志が「福中の優勝間違いなし」と言われた昭和14年に、地元開催(岩手県盛岡市)の会場まで、電車や自転車、徒歩などで球場入りしたとの伝説を復活したものである。

 戦後も、思い出したように歩いて球場入りをしたようだ。盛岡まで距離にして約80キロぐらい。初戦が紫波とか花巻の球場だったなら100km以上の行軍になる。

 昭和の時代は、初戦の二日前に出発するのが慣例であった。正門前で「遠征歌」を歌い、生徒有志からの見送りを受ける。建前上は学校非公認の行動であるので、教職員からは歓迎されない。(現在はどうか分からない) 

 しかし、がんばれと言って差し入れをしてくれる先生もいる。到着は約24時間後。数時間の仮眠をとっただけで15時間以上歩くことになる。到着と同時に「凱歌」を歌うl旧制中学時代の大先輩がいたことを覚えている。先輩方も待っていてくれて一緒に歌うことが多い。

 かつては、学校非公認の行事であり、参加した者は停学処分になったが、これまで学校側が阻止に出たことは一度もない。近年は学校公認の行事となり、校長以下の教職員、生徒の見送りを受けて出発する。(羨ましい)

 昭和55年当時、本校卒業生の漫画家(漫画協会会長、絵本作家などでも有名)馬場のぼる先輩が「暑中行軍」と名付けた。当時の人気漫画「ドカベン」に出てくる、岩手代表の弁慶高校は、盛岡一高がモデルであるが、一部本校の行軍にヒントを得て書かれたと言われている。


 当人たちは、さして深く考えず、野球部にもがんばらせるかぐらいの気持ちで始め、現在みたいに計画的に歩くのではなく、無計画、行き当たりばったりの行動だった。球場について試合直前に生徒会担当の西堀先生にえらく大目玉をくった。しかし怒りかたにいつもの迫力がなく、先生も内心はよろこんで応援してたらしい。
 その後、横山校長に謝りに行ったら、「なに、怪我がなければよろしい」ということで、「今の若者の中でこのくらいのことができるのは、福高の応援団ぐらいだ」とお褒めの言葉をいただいた。(昭和50年ごろの参加者) 


行軍を年中行事として定着させた扇田和典応援団長 ↓


戻  る


国産鶏肉 鶏むね肉 2kg×2個セット あべどり 十文字鶏 業務用 冷蔵品 特選若鶏 ブロイラー

酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

新品価格
¥3,234から
(2020/2/24 16:59時点)

inserted by FC2 system