軽米氏のこと


 八戸藩の重要な地であった軽米は、陸奥国糠部郡軽米村にあり戦国末期には軽米氏の本拠地でした。本丸、二の丸に濠をめぐらす東西200m、南北120mの平城で、軽米町中心部を見下ろす丘陵地帯にあります。

城は現在の軽米町役場の敷地を含む一帯で、役場のある東の廓が二ノ丸、役場の駐車場となっている場所が西の廓が本丸と伝えられ、本丸と二ノ丸の間にはかつて堀があったといわれます。築城時期は不明で、藩政期には代官所が置かれて発展しました。

 交通の要衝を拠点とした軽米氏については、記録がほとんど残っていないので、詳細は不明です。軽米町史によれば、中世後半にその名が古文書に登場し、奥南旧指録には1591(天正19)年九戸政実とともに城に立て籠った軽米兵右衛門の名前が見られます。

 その後、軽米城には北信愛の三男、九兵衛愛継が2000石の知行で居城します。1665(寛文5)年八戸藩の創立に伴い北氏は鹿角大湯に転封しました。藩政期には軽米通を治める通代官所が置かれ明治に至ります。

 おそらく中世軽米に勢力を持ったであろう軽米氏の資料がほとんど残っていないのが不思議です。九戸政実の姻戚だったと想像しています。





戻 る


JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
麸一番 岩手特産 南部ふ【板麸】 5袋 【約20g×5枚入】(手焼板麩)

九戸屋肉店「南部かしわ地鶏 せんべい汁セット(クール冷凍便)」南部かしわ地鶏使用のせんべい汁セット

価格:3,996円
(2019/3/24 16:25時点)
感想(0件)

inserted by FC2 system