釜沢城主小笠原重清


  豊臣軍の力で九戸の決起を鎮圧した南部信直は、天正19年(159110月に釜沢舘の小笠原重清の討伐を部下に命じた。そこで大光寺光愛、石井国光は釜沢舘を攻めて老若男女まで討伐し、小笠原重清の若殿は金田一川上流の海上山中で亡くなった。

 南部信直は小笠原重清の首実検を行い、戦功のあった部下に恩賞を与えた。しかし不思議なことに、信直は大光寺光愛、石井国光とともに小笠原重清の亡霊に悩まされた。亡霊の出現は続き、信直は食事も満足に取れず衰弱したのであった。

 信直は、「城主たる者が亡霊を恐れて病人になったとは恥じである」と考え、当初は内密にしていた。しかし信直を案じた北信愛は、石門和尚に命じて悪霊退散の祈祷を命じた。

 和尚の祈祷により悪霊は退散し、信直の病状も日増しに回復した。信直は喜び、釜沢領内500石を寄贈し寺院を建立して功績に応えた。信直は自分が亡くなった時には、ぜひ石門和尚に引導を渡してほしいと遺言し、慶長4年(1599)の信直逝去に際して、引導を渡すことになった。

 また信直は羽黒山の山伏の怨霊にも悩まされた。九戸の決起に際して、羽黒山の山伏は信直に加勢し戦功があったが、約束した恩賞が与えられなかった。そのことに憤りを感じ、割腹し怨霊となり信直を悩ませたとつたわります。





戻 る


JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
麸一番 岩手特産 南部ふ【板麸】 5袋 【約20g×5枚入】(手焼板麩)

九戸屋肉店「南部かしわ地鶏 せんべい汁セット(クール冷凍便)」南部かしわ地鶏使用のせんべい汁セット

価格:3,996円
(2019/3/24 16:25時点)
感想(0件)

inserted by FC2 system