九戸の前線基地「根反城


  姉帯城とともに九戸方の南を固める城に根反城があります。根反は「ねそり」と読みます。この根反には鹿踊りが伝わっています。

 由来については、「約450年前、鹿踊りを舞う加賀の修験山伏一行が根反を訪れたとき、城主根反弥左衛門が城中に招き、その際に伝授されたといわれます。踊りは戦国時代、敵の大軍に苦戦して敗退した将が、野ジカの大群を見つけ、その角にたいまつを結び付けて敵陣に突入、大勝利を収めた。」という故事だそうです。

 根反氏は、九戸政実の一族姉帯氏と深い関係があり、九戸城の南を守る支城的な役割でした。九戸決起の頃の城主は定かではありませんが、蒲生の軍勢に果敢に挑んだようです。

 九戸政実も、この勇壮な舞を好み、城中で出陣の御前舞として踊らせたと伝えられます。かつては根反集落以外では舞われなかったようですが、唯一八坂大祭で神輿渡御に供奉し、各戸を門付けして歩くのみだったようです。現在では岩手県指定の無形民俗文化財となっています。 

 この根反地区で有名なのが大珪化木です。根反の大珪化木は、根反川岸に直立した日本最大の珪化木と言われ、国の特別天然記念物に指定されています。この珪化木は、約1,700万年前にできたものと考えられ、現在の大きさは直径2メートル、高さ6.4メートルで、元はかなりの大木であったことが想像されます。珪化木とは、木の細胞がケイ酸などに置き換わり化石になったものです。 

 根反城主はこの大珪化木をどのように眺めたのでしょう。






戻 る


JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
麸一番 岩手特産 南部ふ【板麸】 5袋 【約20g×5枚入】(手焼板麩)

九戸屋肉店「南部かしわ地鶏 せんべい汁セット(クール冷凍便)」南部かしわ地鶏使用のせんべい汁セット

価格:3,996円
(2019/3/24 16:25時点)
感想(0件)

inserted by FC2 system