北信愛の英断

九戸の独立を阻んだのは、南部家重臣の北信愛がいち早く天下の情勢を把握し、当主の信直に小田原参陣を勧めたことにあった。秀吉の天下統一が着々と進んでいたころ、南部家では去就を決めかねていたが、このことを心配した北信愛は、小田原攻めに信直を参加させたのである。

津軽の独立と九戸が反旗を翻す兆しがある時期であったが、信直は小田原に参陣したのである。このことによって南部家は本領を安堵されたが、津軽為信は信直よりも一足先に小田原に到着し、津軽領安どの朱印状をもらったのである。信直が到着する三日前であった。北信愛は、九戸の謀反の際にも秀吉に訴えさせ、見事に九戸の謀反を鎮圧したといわれる。

政実は伊達政宗と組んで南部宗家を継ぎ、奥羽を政宗と二分しようと野望があったといわれる。政宗の扇動があったのは確実で、富山師安という家臣を九戸に差し向け、鉄砲などの武器を提供した。

しかしその野望も、北奥の主だった武将が秀吉から朱印状をもらい領主と定められことら、南部信直に対する反抗は秀吉に反抗することだとされた。

時代は中世から近世へと変わる時期であり、その情勢をいち早く見抜いた北信愛という武将を家臣に持った信直の勝利となるのである。



(信愛が移った花巻城)


戻 る


JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
麸一番 岩手特産 南部ふ【板麸】 5袋 【約20g×5枚入】(手焼板麩)

九戸屋肉店「南部かしわ地鶏 せんべい汁セット(クール冷凍便)」南部かしわ地鶏使用のせんべい汁セット

価格:3,996円
(2019/3/24 16:25時点)
感想(0件)

inserted by FC2 system