鹿角回復戦

鹿角回復戦

秋田近李は安倍氏の後裔を自負し、故地である鹿角地方の奪還を目指してしばしば南部領内を侵しました。南部晴政は永禄11年(1568)、大軍を発して奪還を目指します。

一方は石川高信を大将として来満峠から、一方は九戸政実を大将として七時雨方面から秋田近李を攻めました。九戸軍には「鹿角どの」言われていた浄法寺氏も加わったようです。

南部勢は九戸政実の活躍により見事鹿角の奪還に成功し、その功績により二戸郡の領有を認められました。姻戚であった浄法寺氏も、その功績により浄法寺地方の支配権を認められ、鹿角方面にも影響力を行使します。

この時九戸政実は24歳、田子信直14歳でした。鹿角方面には九戸親派の武将も多く、九戸戦では大里氏、大湯氏などの有力者は九戸城に籠城したのです。



(大湯城跡)


戻 る


JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
麸一番 岩手特産 南部ふ【板麸】 5袋 【約20g×5枚入】(手焼板麩)

九戸屋肉店「南部かしわ地鶏 せんべい汁セット(クール冷凍便)」南部かしわ地鶏使用のせんべい汁セット

価格:3,996円
(2019/3/24 16:25時点)
感想(0件)

inserted by FC2 system