糠部三十三観音(旧) 令和2年11月20日

現在の糠部三十三観音は、天台寺を三十三番目の参り納めとしている。

しかし、制定当初は一番の札所だった。制定は永正9(1512)のことで、観光上人により開創されたと伝わっている。

 残念なことに、このとき制定された三十三観音の札所については一部しか判明していない。判明しているのは以下の札所である。

1         天台寺桂泉観音    岩手県二戸市浄法寺町御山久保                    

3         岩屋寺鳥越観音    岩手県一戸町鳥越首戸      

4         巍虜寺朝日観音    岩手県二戸市石切所大村                                           
  6         隅の観音              青森県南部町小向古町                                              
  13      
見町観音              青森県七戸町見町               

33       長谷寺観音           青森県南部町大向長谷      

 糠部郡は現在の岩手県北部から青森県東部にかけての広大な地域である。この地域に勢力を誇った南部氏と天台寺に関連した札所であり、おそらく南部氏の勢力が岩手県北部までだったことを物語っている。

 後世に定められた糠部三十三観音も、旧三十三観音を元に定められたと思われ、天台寺を中心としていたことは間違いない。




戻 る


岩手県鳥越地区の竹細工 岩手県二戸 鳥越竹細工 スズ竹 市場かご 尺(底補強無し)(W31cm)
都道府県の特産品 駅弁編―調べてみよう

ROSWHEEL 自転車サイドバッグ ユニセックス カーキ 14892
inserted by FC2 system