岩手の牛乳 葛巻高原 (令和元年9月16日)

 岩手県は全国第6位の牛乳生産量のある酪農県で、中でも葛巻町は、写真の袖山牧場や平庭牧場を始めとして乳牛の飼育が盛んに行われ、隣接する一戸町とともに東北一の酪農の町として知られています。

 酪農といえば北海道を思い浮かべ、岩手県の酪農は比較的新しいとばかり思っていましたが、調べると日本に最初にホルスタイン種が入ったのが明治18年で、その5年後に小岩井牧場に導入されました。

 明治25年には葛巻や岩泉にホルスタイン種の飼育が始まり、そのホルスタインが北海道に渡ったとも言われています。

 葛巻町はいまでは岩手郡ですが、ホルスタインが入ったころは九戸郡でした。明治40年ごろの九戸郡は、牛の飼育数7600頭で馬が9000頭と記録されています。今では圧倒的に牛の飼育頭数が多いですね。

 もしかしたら人口よりも牛の方が多いのでしょうか。




戻 る


岩手県鳥越地区の竹細工 岩手県二戸 鳥越竹細工 スズ竹 市場かご 尺(底補強無し)(W31cm)
都道府県の特産品 駅弁編―調べてみよう

巖手屋 ねんりん9種50枚 箱入り No.1986 239962

価格:3,240円
(2019/4/6 15:02時点)
感想(0件)


inserted by FC2 system