マタギ (令和元年8月11日)

マタギとは、陸奥や出羽地方の山間に住む猟師の呼び名です。一般な猟師やハンターとは違い、マタギ独自の言葉や習俗を持つ技能集団と考えられます。

山では仲間内でしかわからない山言葉を使い、山に入る際には、「山立根本記」という巻物を身に着けていることが知られています。マタギという呼び方は、南部藩、秋田藩、津軽藩での呼び方で、他地方では山漁師が一般的だったようです。

古くから里として知られる地域には、藩主などから交付された「狩猟免状」が残されていることが多く、江戸時代には「熊の胆」が良薬としての価値が非常に高値で取引され、マタギたちは各藩から優遇されたようです。

マタギの語源については定説はなく、色々な説があります。江戸時代の紀行家菅江真澄は、マダ(級・シナの木)の皮をはぐことから、「マダはぎ」が変わったものだといい、アイヌ語気源説とていしょうしています。

変わったところではインド起源説もあります。弘法大師が追いはぎに襲われた時に、追いはぎが大師の威厳に打たれて平状し、改心して元の鬼退治に戻ったということで、又鬼の名を賜ったなどというような話もあります。

マタギの祖先といわれる磐司万三郎が、日光の神様を助けたので猟をしてもよいことになったという伝承もあります。これは日光二荒山神社の縁起の変形であり、山寺立石寺の伝承にも関係しています。

マタギについて紹介されている文献には、マタギが東北全体に分布すると書かれているものがありますが、マタギという言葉は特に青森県、岩手県、秋田県に特有のものだと考えてよさそうです。江戸期には藩境を超えて自由に猟をしてもよかったようです。

民俗学では猟師を表す古語である「山立」の転訛だという説があります。修験道に関係のある言葉のようです。マタギの起源を記した「山立根本記」は天台密教系の物語を踏襲しているようです。

マタギ文化は、もともとあった原日本的文化(縄文文化)に宗教文化が混じったものかもしれません。現日本文化を縄文文化だとすれば、北東北のマタギ文化が残る理由も納得ですね。





戻 る


岩手県鳥越地区の竹細工 岩手県二戸 鳥越竹細工 スズ竹 市場かご 尺(底補強無し)(W31cm)
ディメール 燻製職人セット 4種5品 東北の極旨素材を冷温燻製、とろける脂に燻した薫り、酒の肴にピッタリ! メッセージカード無料


巖手屋 ねんりん9種50枚 箱入り No.1986 239962

価格:3,240円
(2019/4/6 15:02時点)
感想(0件)


inserted by FC2 system