横溝正史と金田一温泉 (令和元年6月5日)

 横溝正史の探偵小説に出てくる金田一京助は、モデルが菊田一夫だといわれています。菊田一夫は、日本の劇作家・作詞家です。横溝の家の近くに、有名な言語学者金田一京助の弟が住んでいたので、菊田一にする予定の名探偵の姓が、金田一となり、名前も金田一京助をもじって耕助としたということです。

 モデルとなった金田一京助は、有名な言語学者で先祖は南部藩士です。南部家の一族・四戸氏から分かれ、金田一に領地を授けられたことから、金田一と名乗ることになったといわれています。

 二戸市金田一には湯田と呼ばれる温泉があります。昭和41年に湯田温泉の温泉旅館「緑風荘」の庭に、金田一京助の歌を刻み込んだ「金田一家祖宗発祥の地」という碑が建てられ除幕式が行われました。その夜の宴会で、金田一先生の記念碑ができたことをきっかけに、このさい名前を「金田一温泉」に変えてしまったらどうかという案が出て、それから湯田温泉ではなく金田一温泉となったそうです。

 さて、金田一温泉を舞台にしたミステリーに、吉村達也さんの「金田一温泉殺人事件」があります。金田一温泉に伝わる「座敷童子」が登場し、作者が考えた某温泉旅館に、なぜか座敷童子が登場する頻度が高くなっているというものです。そして座敷童子がトリックに使われます。

 あらすじは、東北の温泉宿、伝説の奥座敷で起きた惨劇を志垣警部が追うというものです。。被害者は十和田湖畔で、頭を丸坊主にされ唇には紅を塗られて殺されていました。そして第二の殺人は、座敷童子が出るという岩手県金田一温泉の宿で起こります。ナイフを突き立てられながら一滴の血も流さず息絶えた女の側から走り去る座敷童子が目撃されます。伝説に彩られた猟奇殺人の真相を求めて、志垣警部は豪雪の東北へむかいます。

 金田一という地名は、ミステリーファンにとって特別な地名です。ぜひ、もっとたくさんのミステリー作品で「金田一」が登場することを願っています。地元の皆さんも、ぜひ「金田一温泉殺人事件」を読んでほしいものです。






戻 る


岩手県鳥越地区の竹細工 岩手県二戸 鳥越竹細工 スズ竹 市場かご 尺(底補強無し)(W31cm)
ディメール 燻製職人セット 4種5品 東北の極旨素材を冷温燻製、とろける脂に燻した薫り、酒の肴にピッタリ! メッセージカード無料


巖手屋 ねんりん9種50枚 箱入り No.1986 239962

価格:3,240円
(2019/4/6 15:02時点)
感想(0件)


inserted by FC2 system