陸奥の名族 浄法寺氏の謎


南部藩士由緒記によれば、浄法寺氏の祖は桓武平氏秩父流畠山氏、畠山重忠の三男、阿闍梨重慶が祖と伝わっている。

重慶ほかの畠山氏については、二戸浄法寺を始め、秩父地方、能登地方など各地に伝説が残る。

 『南部藩士由緒記』

畠山重忠と太郎重保が、奥州の戦功によって頼朝から二戸郡を受けたとする。その後この地を継いだのは二男であるが、この嫡子が死んだため、鎌倉浄法寺で出家した者が還俗してこの家を継いだ。

こちらの資料では二男が継いだと書かれている。この嫡子が亡くなり、鎌倉の浄法寺にいた一族が還俗して浄法寺家を継いだ。現在は、鎌倉に浄法寺という寺は存在しない。

この資料から想像されることは、浄法寺一族に仏教に関係した人物がいたと言うことだ。

もしかしたら、天台寺の庇護者だった可能性は捨てきれない。あるいは、漆で勢力を拡大したかもしれない。

群馬や福井、鎌倉などを仮説を立ててしらべたいです。問題はやっぱり費用ですね。

 






戻 る

中島誠之助監修 からくさ美術館 古伊万里のうつわ みじん唐草 桔梗渕8寸皿 1036
南部美人 純米吟醸酒 1800ml


絵付け浄法寺椀 「蓬莱之図」&「蕪図」 浄法寺塗 浄法寺漆器

価格:96,120円
(2017/11/7 19:27時点)
感想(0件)

inserted by FC2 system