小鳥谷は「こんじゃ」だ

 浄法寺の里川目地区には、屋号を「こんじゃ」と呼ばれる旧家がある。その家には先祖からの言い伝えがあり、野月氏(野続氏)の家来で、かつては一戸の小鳥谷に住んでいたとのことであった。野月氏は浄法寺氏の家臣で、「こんじゃ」と呼ばれる家の先祖を引き連れて浄法寺里川目村に住み着いたのは江戸時代の初めと言われる。

 屋号の「こんじゃ」と、小鳥谷に住んでいた言い伝えから、小鳥谷は「こんじゃ」と発音するのが正しいと予想した。そのことを一戸の郷土史に詳しい方から聞いたところ、古老は小鳥谷のことを「こんじゃ」とか「こじゃ」と発音することを突き止めた。

 江戸期の紀行文等で、小鳥谷は「小沢」と標記されている。藩の公式文書では「小鳥谷」標記なので、紀行家が地元の発音を聞き取って「小沢」と標記したことは間違いない。

 東北地方では「沢」の発音は「じゃ」であることが多い。漆沢は「うるしじゃ」、釜沢は「かまじゃ」、女鹿沢は「めがじゃ」などである。そうすると小沢も「こじゃ」と発音し、それを聞きとった紀行家が「小沢」の字を当てたのであろう。

 ここまで考えていて、もう一つの大きな疑問が湧いてきた。小沢が「こんじゃ」なのは理解できたし、「こじゃ」が小沢と表記されているのも納得できた。

 しかし、どうしても「こんじゃ」の発音に小鳥谷の文字を当てた理由が判らない。当てるとすれば「近沢」、「今沢」などが妥当な気がする。


戻  る  

国産漆 浄法寺漆チューブ 生漆20グラム  手仕事の日本
酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

inserted by FC2 system