下野浄法寺

平安時代中期に国司役人として下向し、そのまま土着して勢力を拡大するものが現われます。 彼らは武士団を形成し、源頼朝が挙兵すると加わり、鎌倉御家人となった者は所領を得て諸国に散らばっていきます。今日に系を伝える武士発祥の地といえる土地です。

 なかでも桓武平氏平良文を祖とする諸氏は、武蔵国周辺で有力武士団を形成し「坂東八平氏」と呼ばれるようになります。

 武蔵国秩父郡を拠点とした平将恒は秩父氏を称し武蔵国各地に勢力を拡大し、この一族は秩父平氏や秩父党と呼ばれます。 秩父氏族からは大族となる分流が出ます。奥州の戦国大名となる葛西氏、江戸城を築いた江戸氏、その他にも豊島氏・畠山氏・小山田氏・河越氏・高山氏があります。

 さらには「武蔵七党」と呼ばれる武士団が形成され、地域に根を張っていきます。党とは、平安時代末期に関東の各地で結成された血縁集団の中小規模の武士団です。武蔵七党系図」によれば、横山・猪俣〔いのまた〕・野与・村山・児玉〔こだま〕・丹〔たん〕・西の七つを指すといわれます。

野与の代わりに私市〔きさい〕、村山・西の代わりに綴〔つづき〕・私市を入れるなど、必ずしも一定ではないようです。

 党は、同族結合の確認・強化のため、共通の祖神を祭って精神的支柱としたものです。児玉党は有氏社〔ありうじしゃ〕を、野与・私市は久伊豆社〔ひさいずしゃ〕を、丹は丹生社(はにふ)をそれぞれ信仰し、各社の祭祀圏が七党の勢力分布と重なるようです。

また、横山党がその祖を参議小野篁〔おののたかむら〕としたように、各々中央貴族と擬制同族化し、その後裔と称したことが見られるのも特徴の一つと考えられます。

 源頼朝が打倒平家を目指し挙兵したのは1180年でした。この戦いでは畠山重忠が率いる武蔵武士が中核でした。そして、この畠山武士団を構成したのが武蔵七党と呼ばれる、武蔵各地にいた武士たちです。

この武蔵七党の後裔と伝えるのが那須の黒羽藩主大関氏です。大関氏の系図や江戸時代後期に大関増業が編纂した『創垂可継』などの家伝では、大関氏は武蔵七党の丹党の末裔であり、本姓は丹治姓であるとしています。その領地には浄法寺地名が残り、家臣に浄法寺桃雪がいます。桃雪は松尾芭蕉の友人としても知られます。



戻  る  

国産漆 浄法寺漆チューブ 生漆20グラム  手仕事の日本
酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

inserted by FC2 system