丹波浄法寺

 陸奥浄法寺氏と関わりの深いと思われる小林一族ですが、小林姓は現在では全国的に分布しています。しかし歴史的にみると、目立って多い地域は上野と信濃の地域のようです。。

 上野の小林氏は桓武平氏の流れで、緑野郡小林と多野郡御厨小林を根拠とした秩父氏高山党の分かれといいます。源頼朝の奥州征伐には、同族の高山氏や大胡・佐貫氏らと参加しています。

 小林氏の中には、南北朝の争乱期には有力部将として守護代に任じられた武将もおり、丹波篠山にある沢田城主小林氏は、その子孫といわれています。丹波には古い時代に浄法寺城があったと伝えられていますが、小林一族の拠点だったのかもしれません。

 調べてみると、丹波篠山地区にも、かつては浄法寺」という寺院がありました。宗派は天台宗の寺院で、現在は黒田公民館の一部になっています。本堂には、市の有形文化財に指定されている小型の舎利厨子が安置されています。

つまり、全国にある「浄法寺」が、小林一族(畠山重忠)と天台寺院(浄法寺)でつながっているような図式が浮かんできました。

歴史ミステリーは楽しいですね。



戻  る  

国産漆 浄法寺漆チューブ 生漆20グラム  手仕事の日本
酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

inserted by FC2 system