上野国浄法寺

浄法寺氏を考える 藤岡市

浄法寺氏を考えるうえで群馬県藤岡市も重要な場所です。上野浄法寺城については、山城としての三ツ山城、金鑚御嶽城を防御ラインとした地域城という見解があります。古い記録によると、浄法寺氏(浄法寺左近大夫)が居城し、後に平沢氏(長井氏)が支配しています。長井氏も畠山重忠につながります。

 しかし、上野浄法寺氏の事跡については不明なことも多く、南北朝期に高山・小林一族とともに足利方に加わったとされているほか、のちに戦国期の「安保文書」に断片的に登場しているもののかなり不明な部分が多いものと思われます。

 安保文書の安保氏も、戦国末期には陸奥鹿角郡に移り鹿角の名族となります。陸奥浄法寺氏とも姻戚だったようで、畠山重忠に連なる一族の足跡が、おぼろげながら見えそうな気がします。

 鎌倉浄法寺の畠山一族が上野国で天台宗を後ろ盾にして勢力を拡大し、那須地方に移り、最後には陸奥浄法寺に落ち着いたとは考えられないでしょうか。


(上野浄法寺から見る風景)


戻  る  

国産漆 浄法寺漆チューブ 生漆20グラム  手仕事の日本
酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

inserted by FC2 system