南旧秘事記

浄法寺氏について書かれた記録に『南旧秘事記』があります。

 「畠山庄司重忠の後裔也 右大将頼朝公伊達次郎泰衡御退治以後 重忠の弟重宗に二戸郡を賜。此時畠山重忠の郎等本多次郎近常か二男供して下向故に浄法寺の内本田と伝村有。浄法寺と唱ふることは 重忠の末子鎌倉浄法寺と云寺に出家して有けるか 重宗の嫡子死去して嗣子なし。故還俗下向して家を継。仍て家名を浄法寺と号。元松岡氏と称す。子孫永く浄法寺に居住し浄法寺修理代慶長年中岩崎合戦有。此時修理利直公の命に背き、或は岩崎城代被仰付といへ共修理命に従はすとも云、浄法寺五千石召放され 重宗より数代二戸郡を領する嫡家此時断絶す」

ここでは、浄法寺と名乗った経緯が書かれていますね。やはり、鎌倉の浄法寺という寺に関係あるようです。二戸郡にやってきて最初は「本田」という村に住んだともあります。二戸市の上斗米に本田という集落がありますが、そこかも知れませんね。

 上斗米は漆の産地でもあり、徒歩で移動する時代は、いま以上に浄法寺と繋がりがあったはずです。二戸の中心部へ出るには、浄法寺〜岩渕〜岡本〜松岡〜川又〜大平〜足沢〜上斗米を経由したそうです。稲庭岳を一望でき、浄法寺の勢力圏とも言えます。

 『南部藩士由緒記』には、「畠山重忠と太郎重保が、奥州の戦功によって頼朝から二戸郡を受けたとする。その後この地を継いだのは二男であるが、この嫡子が死んだため、鎌倉浄法寺で出家した者が還俗してこの家を継いだ」とあります。

 何れも鎌倉武士重忠に関係のある人物を祖とする記述が残ります。鎌倉にもかつては浄法寺という寺があって、火災で焼失したようです。その寺の宗派は不明ですが、天台宗と思われます。その理由は群馬の古刹浄法寺が天台宗であり、畠山重忠の同族の勢力範囲にあったからです。

 歴史は謎だらけでおもしろいですね。



陸奥浄法寺城下


戻  る  

国産漆 浄法寺漆チューブ 生漆20グラム  手仕事の日本
酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

inserted by FC2 system