奥南落穂集

 奥南落穂集にも浄法寺氏の事績が書かれています。内容的には奥南旧史録に書かれている内容とほぼ同じです。それによると浄法寺氏の祖は桓武平氏秩父流畠山氏、畠山重忠の三男阿闍梨重慶と書かれています。

 奥南落穂集』によれば、「畠山庄司次郎重忠三男出家、大夫房阿闍梨重慶、奥州二戸郡浄法寺ニ住シ、父重忠依讒討死。両兄共殺害ヲ憤リ兵ヲ起スノ企アルヨリ、鎌倉ノ命ニヨリ長沼五郎宗政討手トシ来リ。重慶誅セラレ其の男幼弱、民間ニ潜シ、後浄法寺太郎重基トイフ。夫々住居シテ近村ヲ従ヒ一家ヲナセリ。南部守行公ニ応永ノ頃ヨリ従ヒ、軍功アリ。信直公御大、5千石ヲ領シ、浄法寺修理重安、九戸攻ニ功アリ、帯刀ト改ム」とあります。

 現代語に訳すと、畠山重忠の三男重慶が出家し、奥州二戸郡に住んでいた。父重忠が非業の死を遂げたので、敵討ちをしようとしたが、鎌倉からの刺客により討たれた。重慶も子は幼いので、民間に隠れ、成長後は浄法寺太郎重基と名乗った。代々浄法寺に居住し、応永年間に年間に南部守行に従い軍功があった。南部信直の頃には、五千石を領し浄法寺修理重安となのる。九戸責めに功績があり、帯刀と改めた」と書かれています。

 史実として、南部氏の客将として、五奉行に数えられていたが、九戸一揆の数年後に領地が没収されたのは間違いありません。しかし、当時の南部藩にとっては大事件だったはずの浄法寺一族の領地没収は、なぜか詳しい資料が残っていなません。

南部領内で鎌倉以来の名門で、安比川流域で独立領主並みの実力を誇った浄法寺氏ですが、九戸の乱を平定し近世大名として地域を統治しようとする南部氏にとっては目障りな存在だったのでしょうか、何かに因縁をつけて浄法寺改易する機会を探していたのでしょうか。和賀の乱はその絶好に機会だったのかもしれません。

その後の浄法寺氏ですが、一族の松岡家に預けられ、後に浄法寺周辺や南部領内で新田開発に尽力したようです。新田開発は旧家臣団も加わりました。その家臣の中に、日本物理学の父田中舘愛橘博士の先祖がいます。



陸奥浄法寺城下


戻  る  

国産漆 浄法寺漆チューブ 生漆20グラム  手仕事の日本
酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

inserted by FC2 system