陣場台熱球録 web版 その88

昭和49年 福村・斎藤の名コンビ誕生 

 昭和48年から斎藤諒が監督に就任、続いて昭和49年には福村幸祐が部長に就任した。この年から、福高野球部の躍進が目立つようになる。

 昭和49年ベスト4、昭和51年、52年、54年と準優勝で、あと一歩で甲子園出場を逃したが、昭和55年に執念の甲子園出場を果たした。

 昭和初期の安達・昆に匹敵する名コンビとも言われた。



目次に戻る


甲子園100年物語 輝いた東北の男たち
 岩手から世界へ伝統への挑戦「南部美人」 
貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!

inserted by FC2 system