D>

陣場台熱球録 web版 その83

証言 斉藤諒 選手として、監督として甲子園出場

 宮岡市太郎先輩は、旧制福中野球部のOBで昭和初期の黄金期を築いた名選手であり、私が福岡高校2年のとき甲子園出場を果たしたが、その時の監督である。小柄ではあるが非常に元気があり熱心な指導には定評のあった方である。

 私たちの高校時代は非常に激しい時代であった。それは「優勝できない」とか「いい結果が出ない」と常に監督交代劇が起こるのである。

 「1年生の時は川村敏雄(川村新聞店)さん、二年の時の甲子園大会では宮岡市太郎さんであったが、岩手県大会では田丸孝一(日大の監督をやられ後に日大桜ヶ丘で甲子園出場)さん、甲子園は宮岡監督だったが、二年の秋からは丸一次男(福岡高OBで社会科教員)さん、3年の春には再び宮岡市太郎さん、三年の夏は芝浦工大でコーチをしておられた後藤さんが監督をやった。

 3年の時には早稲田大学から徳武定之選手(後の国鉄、ヤクルト球団の中心選手。昭和4年福中主将・徳武定雄選手のご子息)がコーチとして私たちに激しい練習をしてくれたのであった。

 3年間で6人の監督交代劇があった。選手だったので監督交代劇の事情はよくわからなかったが、2年連続の甲子園出場に燃えていたことは確かである。

 1年生に入学した当時も大変な熱気だった。昭和33年に甲子園に出場したが1回戦で大敗。1回戦ボーイならわざわざ行った意味がない・・と雑言を浴びせられるほどだった。

 入学した年に、「初心に帰れ」との理由から第40回大会(昭和33年)から採用していた「FUKUKO」のユニーフォームを廃止し、左胸の「H」が復活した。

 同級生には願ってもない逸材がいた。五日市常彦投手である。小柄ながら右の本格派で、シュートボールを決め球としていた。中学時代は無名だったが、北奥羽中学大会で1試合19奪三振を記録した投手であった。

 そのころは一戸高校が全盛時代で、大戸投手(慶応大学に進学。慶応大の監督も務めた)を中心に甲子園まであと一歩と迫っていた。岩手県で勝つよりも地区大会で勝つことが難しい時代であった。

 2年の夏の初戦は宿敵の盛岡一高を8−0で破り波に乗った。優勝候補の宮古高校には2−1で競り勝ち、北奥羽大会に進んだ。北奥羽大会でも打線が好調で9−0と東奥義塾を破り甲子園出場を果たした。下馬評から言えばダークホースであったが、甲子園でもベスト8に進出した。

 3年生になり、前年の甲子園組から数人が残り、五日市投手も好調を維持した。実際に強いチームで、練習試合でも好成績であり優勝候補の筆頭であった。

 当時は大事な試合の前になると粉末の粉を飲まされていた。「マムシ」の粉であった。これを飲むと身体があつくなりカッカしてくるのである。

 だが夏の岩手県大会で食中毒になり、五日市投手をはじめほとんどの選手が高熱と下痢に悩まされ、三回戦で敗れてしまった。私自身は熱はなかったが下痢気味でヒット1本で終わってしまった。

 おもえば父親の仕事の関係で福岡にやってきて、人生の大半を福岡高校に関わり、選手として監督としても監督としても甲子園出場がかなったことは幸運としか言いようがない。



目次に戻る


甲子園100年物語 輝いた東北の男たち
 岩手から世界へ伝統への挑戦「南部美人」 
貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!

inserted by FC2 system