陣場台熱球録 web版 その41

国鉄球団の名物寮長・岩崎哲朗

 

昭和40年代から国鉄球団(現在のヤクルト球団)で、名スコアラー、寮長として縁の下の力持ちに徹したのが岩崎哲朗である。

二戸市金田一(当時は二戸郡金田一村)の出身。昭和20年、激動の年に福岡中学に兄と一緒に入学した。しかし、兄と一緒の学年はイヤだということで一年間休学した。同級生に聞くと別の理由もあるようだ。

本格的に野球を始めたのは福中が福高と名前を変えた昭和23年からだ。

当時、野球部員として活躍していた小保内岩吉(現OB会長)は先輩から捕手に指名されていた。ところが、捕手をやりたくないと先輩に訴えたところ、代わりの者を見つけてこいと言われた。

そこで、小保内岩吉は岩崎に目をつけ野球部入部を打診したところ、最初は渋っていたが小保内の熱意に絆され、晴れて福高野球部の一員となった。

入部後、猛練習で鍛え上げられメキメキ頭角を現した。捕手としても注目されたが、その打撃はもっとも注目された。ともかく飛距離と打球の早さが違ったと当時の野球部員は懐かしむ。

最上級生としてむかえた昭和26年夏の大会は、宿敵盛岡一高に0−1で惜敗した。

卒業後は盛岡鉄道管理局に進む。ここでもスラッガー捕手として評判になる。伝説となっている盛岡市営球場をはるかに超えて場外に消えていった満塁ホームランは、岩手のオールドファンの脳裏に焼き付いている。

昭和30年に国鉄球団に入団。公式戦の出場はそれほど多くなかった。それでも一軍選手として29試合に出場し17打数1安打3四球の実績を残している。

昭和36年で現役を引退。引退後はスコアラーやヤクルト球団の戸田寮長として活躍した。

平成12年1月3日逝去。66歳の若すぎる死だった。福高野球部で同級生だった小保内岩吉OB会長は語る。

 「岩崎の葬儀にはこれまで見たことのないほどの参列者があった。彼の人柄が偲ばれる」


目次に戻る


甲子園100年物語 輝いた東北の男たち
 岩手から世界へ伝統への挑戦「南部美人」 
あべどり 田子にんにくチキンカレー 200g

inserted by FC2 system