藤田東湖

下斗米将真を有名にしたのは藤田東湖の「下斗米将真伝」かもしれません。藤田東湖は文化3(1806).に水戸で生まれ、安政2(1855)に江戸で没しました。死因は地震による家屋の倒壊でした。

江戸時代後期の水戸学派の儒学者で、幼名は武次郎、通称は虎之助、名は彪,字は斌卿と号しました。朱子学派の儒学者藤田幽谷の子です。

江戸に出て,亀田鵬斎,太田錦城に儒学を学び、文政 10 (1827) 年父の跡を継ぎ彰考館編修となり,同 12年には彰考館総裁代理に就任します。藩主継嗣問題で下士改革派の中心として活躍し、徳川斉昭の擁立に成功しました。

斉昭の知遇を得て、藩政改革に努め、弘道館の設立、兵制整備などを行ないましたが、保守派の巻返しにあい、江戸幕府の忌諱に触れ蟄居を命じられました。

嘉永5 (52) 年許され、斉昭が幕政に参加するに及んで側用人として活躍し、海防策に力を尽します。朱子学的名分論に基づく尊王攘夷論によって尊王派志士の指導的役割を果していましたが、安政大地震で圧死します。

主著『常陸帯』『回天詩史』『弘道館記述義』『正気歌』などがあります。その思想の根底に、斗米将真の国防思想があり、主君のために一命を差し出す行動を称賛していたと伝わっています。



(藤田東湖像)



目次に戻る


JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
麸一番 岩手特産 南部ふ【板麸】 5袋 【約20g×5枚入】(手焼板麩)
inserted by FC2 system