芳野金陵

下斗米将真から影響を受けた人物に芳野金陵がいます。芳野 金陵(よしのきんりょう、享和21220日(1803113日) - 明治11年(1878年)85日)は、江戸時代後期の儒者で、名は成育、字は叔果、通称愿三郎、のち立蔵、金陵のほか匏宇と号したと伝えられています。

下総国葛飾郡松ケ崎村(現:千葉県柏市)の儒医の次男として、小浮気村(現:千葉県成田市)にある母の実家で生まれました。父に句読を学び、22歳の時から亀田綾瀬に師事すし、文政9年(1826年)から浅草福井町(現:東京都台東区浅草橋12丁目)に私塾を開きます。

弘化4年(1847年)8月に駿河田中藩主・本多正寛の招聘に応じ、儒員となり、ペリー来航に際し、老中・久世広周に国防策を建議し、以後は諮問を受けるようになりました。

また藩財政の改革と文教の刷新に努め、文久2年(1862年)12月に幕府に召され、御儒者となり、昌平黌の学制改革を建議したが、これは実現に至りませんでした。

明治元年(1868年)12月より昌平学校教授となりますが、明治3年(1870年)に廃校した後は大塚に引退し77歳で没します。墓は千葉県柏市松ケ崎の覚王寺と東京都台東区谷中の天王寺の墓地にあります。

当時の儒者の中では、安井息軒・藤田東湖と親しく、門弟に小澤酔園・近藤南洲・信夫恕軒がいます。水戸天狗党の乱に参加した芳野桜陰は金陵の息子です。

著作に『金陵詩抄』『金陵文抄』『潭故書余』『金陵遺稿』などがあります。
 水戸の藤田東湖に先立って「相馬大作傳」を著したのは芳野金陵でした。下斗米将真の行動を称賛し、その影響は水戸学に大きな影響を与えたのでした。



(芳野金陵自画像)



目次に戻る


JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
麸一番 岩手特産 南部ふ【板麸】 5袋 【約20g×5枚入】(手焼板麩)
inserted by FC2 system