田中舘愛橘物語  その6

明治の時代背景

 田中舘愛橘は、岩手県生れの物理学者で最初期の東京大学で学びました。その後東大教授。貴族院議員などを歴任しました。地球物理学の研究、度量衡法の確立、光学・電磁気学の単位の研究、航空学・気象学の普及など、わが国の理科系諸学の基礎を築き、また熱心なローマ字論者として知られます。 

 田中舘博士の業績を、あえて一言でいうと、『明治初期に起こった、「日本の近代化」を、科学者として支え続け、今日の日本繁栄の基礎を築き、日本の独立を助けた』に尽きると思います。かつての日本は、西洋列強やアメリカに侵略される危機がありました。長い間鎖国をしていた日本は、西洋の事情にも疎く、科学技術や工業の発展に、大きく立ち後れていたのです。
 
 一方、西洋では産業革命によって、大きく発展をし、繁栄を求め続けて行った。蒸気船の発明などによって、世界は一気に狭くなったのです。西洋列強は競って各地の侵略をすすめ、ついに東洋へと到達する。既に清国(中国)はイギリスによって侵略されていた。日本は危機にさらされていたし、ロシアの脅威も大きかったのです。

 明治維新後、「弱小国、後進国という現実」を突きつけられた日本は、必死で海外に追いつき、追い越さねばならなかった。そうしなければ日本は無くなってしまう可能性があった。

 だが、工業力も科学技術も無かった日本が、近代化に失敗すれば、どこかの属国としてしか生きていく道はなかったと田中舘愛橘は考えました。下斗米将真の教えが博士の中で生きていたのです。

 当時の日本は、国としての力を必死で蓄えなければならなかった時期です。工業化、近代化も急務でしだが、開国後わずか30数年で、日本はロシアと命運をかけた戦いをする事になり、弱小とみられていた日本は、なんとか日露戦争に勝利する事が出来ました。ここに至って、日本は列強各国に認められる国となっていきますが、その近代化を、第一線で支え人を育て、発展させる基礎を築いた一人が、田中舘博士なのです。

博士は、東京大学の第一回目の卒業生。つまり、日本がやっと一人歩きを始めた頃、その「第一歩を踏んだのが田中舘愛橘博士」でした。日本は世界と対等に渡り合えなければならない、いつまでも外国人教師に頼っていてはならないと考え、博士は必死で教え、日本の学者を育てたのです。

 まぎれもなく、日本の物理学のスタートは、愛橘博士からはじまっています。博士は、一生を国家の発展のために捧げたといえます


いろいろ教えて頂いた中村誠氏のサイトを参考に作っています。

http://www.noii.jp/com/aikitu/



目次に戻る




岩手県産 サヴァ缶アソート3個セット
【日本酒/岩手県/南部美人】南部美人 特別純米酒 1800ml ◆インターナショナルワインチャレンジ(IWC)2017「チャンピオンサケ」◆受賞記念首掛け付き
inserted by FC2 system