日誌2002年  日誌2003年 日誌2004年 日誌2005年 日誌2006年 日誌2007年  利用者の記録

利用に当たってのルール

まずは入会が必要です!

定員 8名ぐらい 部屋数4 女部屋1部屋は最低1部屋確保。
寝袋等は持参してください。 ペットの同行は可能。


その年度最初の利用には、年会費1,000円が必要です
施設利用料は500円〜800円です
合同宴会は実費をいただきます


献立表(メニュー)



この施設はクラブ制の施設です。会員と会員の同行者以外は利用できません。入会は随時可能ですが、利用日までに入会の意思を伝えてください。入会金は年会費として1、000円です。

余裕のある方はメールで事前に入会を申し込んで下さい。当日入会も受け付けますが、可能な限り7日前までに入会を申し込んで下さい。申込用紙に必要事項を記入し申し込んだ時点で会員として扱います。次年度以降に利用する場合は年会費が必要になります。(1000円)

入会問い合わせ

紹介者がある場合は、紹介者がある旨を申し出て、利用する7日前ぐらいまでには予約を完了し下さい。常に開館している施設ではないので、それなりの準備が必要です。運が良く当日の予約無しで利用できる場合もありますが、基本的には希です。

施設は、家畜舎をそのまま利用したものです。はっきり言ってワイルドです。宿泊した人が少しずつ掃除してください。何年後かはきれいになることでしょう。基本的には案内看板もありませんし、一部ですが未舗装の道路も通らなければなりません。

守り神のアオダイショウ「サスケ」と「カムイ」が住んでいます。ネズミを食べてくれるヘビなのでびっくりしないでください。水道もはどうにか開通しました。(水は天然水で美味い!) 

トイレも仮設の(工事現場にあるような)トイレです。携帯電話も会社によっては通じません。野性味あふれるお風呂がありますが薪風呂です。デリケートな人は来ない方が無難かと思います。車で5分の所に温泉があります

施設の利用の際は、
「事前の予約」が必要です。利用予定日の7日ほど前までに利用の可否を必ず確認してください。常駐の管理人は居ませんので施設は必ず利用できるというものではありません。

ライダーズハウス建設、維持管理に対する協力金をお願いいたします。食事は、自炊、合同宴会も良しとし、どちらの場合でも自分で責任を持って準備、後片付けをしてください。アルコール類、食材などは持ち込み自由です。ただし地元との共存を目指したいので食材などはなるべく地元で調達してください。アルコール類や食材などの準備を管理人に委託した場合は実費+手数料での販売となります。

酒類、その他食材等の寄贈は歓迎します。残飯などは持ち帰りです。食べる分だけ準備してください。残飯を出すことにより、狸などの小動物を呼び寄せることになります。

利用者は、寝袋、炊事道具などを自分で用意するものとします。ただし施設に設置してある設備に関しては自由に利用できます。施設の管理者は、電気、灯油、水などの使用量、ゴミの状況に応じて宿泊費用とは別に維持管理費を徴収します。この場合の金額の目安としては300円程度です。

社会通念上、著しく逸脱した行為のあったものに対しては利用を制限できるものとします。利用する方は、施設が末永く続くよう努めてください。
問い合わせ・連絡先 tel 0195-38-2277 / 090-4636-7521 メール  
(常駐しておりませんの、あらかじめメールでの予約が確実です)

戻 る

旅したくなる本 バイクで10日で海外で 4770キロの旅 世界一周バイクの旅 十五万キロ〈アフリカ・中東編〉 (ラピュータブックス) inserted by FC2 system