自働二輪的生活

第31回北海道ミーティング 珍道中! その1

8月29日(木)

7月の「第25回みちのくミーティング」も終えると、お盆を挟んで北海道ミーティングに参加することに。
同じような行動がここ数年続いている。
午後2時、荷物の積み込みも終えて出発する。



八戸へ向かう途中で、お世話になっている人にお土産を購入!。
雨に降られそうだが、午後6時前にフェリー埠頭に到着。
秋田の伊藤君と合流する。

いつも通り、北海道上陸に胸を躍らせながら、夕食を食べて乗船手続きを済ませる。
乗船は、オートバイ、徒歩、乗用車、トラック、最後にサイドカーの順で乗船。




22時出航。
旅の無事を祈りながら、軽く「宴会」のようなものを。
乗船したことをブログに掲載し眠りにつく。




8月30日(金)

船の窓から外を見ると曇り空。
雨も降っている。
気を取り直して下船の準備。



サイドカーは最初に下船となる。
下船場所から苫小牧のフェリーターミナルまでは数百メートル。
この距離だが、濡れるのがいやなので合羽をを着る。



朝食を食べようと、いつものレストランへ行くと営業時間が変わっていた。
開店は11時から。仕方がないのでコンビニ弁当で朝食。
 
9時前になり雨が上がってきたので、支笏湖〜昭和新山へ向けて出発。
支笏湖にはたぶん30年ぶり??。
途中は雨に降られたが、思ったより小降りでドニエプルには天然の水冷エンジンとなった。





支笏湖で時間を過ごし、昭和新山へ向かう。
昭和新山で、おなじみのスケさんと合流予定になっている。
支笏湖から昭和新山へ向かう頃には雨も止んだ。
信号もほとんど無く快調に走る。

同行の伊藤君のタンクに照る照る坊主を発見。



壮瞥の道の駅で休憩を取り、スケさんと連絡を取る。
進入口を間違い室蘭まで行ってしまったらしい。
道の駅で時間を調整し、12時過ぎには昭和新山着。
まもなくスケさんもやって来て合流。

昭和新山を記念撮影、昼食。



ここで自分にとって興味深い「丸ポスト」を発見。
丸ポスト生息調査隊としては撮影をしないわけにはいかないのであった。



午後2時過ぎに、今夜の宿である伊達温泉に向けて出発。
迷うことなく無事に午後3時過ぎに到着。
まずは、風呂に入りビールで乾杯。
ほろ酔い気分で伊達の町に繰り出す。



地元の案内は「会長」殿。
ブログやfacebookでは交流があるが、直接話すのは初めて。
しかし、バイク談義やいろんな話題に花が咲き、遅くまでつきあって頂いた。




・・・続く・・・
 
(2013年9月13日)

クレイスミス スモールジェット ヘルメット DRAG DIAMOND CSY-1079
ホンダ クラシック S Z50M Tシャツ EP-N59
この街は、なぜ元気なのか? 北海道伊達市モデル

戻 る

inserted by FC2 system