自働二輪的生活

高校生まら20代前半にかけて片岡義夫の小説に夢中になった時期がありました。
オートバイに乗る主人公を自分に置き換えてみたり、小説の中の情景を真似てみたりしたものです。

「彼のオートバイ彼女の島」が映画化されて、見終わった後にどうしようもなくW3が欲しくなりました。
同じような体験は私以外にの方もしたはずです。

ある日、友人から電話がありました。
「佐々木さんのところでW3を売ってるよ。」

次の日には頭金を持ってそのお店に!。
ところが、W3をよりも一目惚れをしたバイクがあったのです。
しかもW3よりも安い。



トライアンフ T100です。その場で購入を決めました。
右チェンジ左ブレーキ、バーチカルツイン、なんともいえない排気音。
調子はあまり良くなかったけど、完調にしたい一心で英国から部品を取り寄せてなおしたものです。

英国車の部品が必要な方、メンテナンスが必要な方は、お気軽にお問い合わせください。


(2010年12月22日)
ポッシュフェイス:トライアンフマフラー / YAMAHA SR400(78-07) inserted by FC2 system