陣場台熱球録 web版 その1

 福岡(二戸地方)に野球を伝えたのは誰でいつ頃のことであろうか。結論から言うと記録は発見されていないが、当時の人々の書き残した資料などからある程度は想像ができる。

 まずは、後年福岡町長を務めた川島一郎の回想録に「明治21年に小学校に入学した。そのころにはベースボールが盛んに行われていた」との記述がみられる。また、福岡町時代に歴史民俗資料館で古老から聞き取った記録に「明治18年頃に行われた」とある。
 これらの資料から明治20年頃には既に福岡の地で野球が行われていたことがわかる。盛岡への伝来(明治17年盛岡中学で行われた?)とほとんど同じである。

 明治7年頃、東京外国語学校(後東京英語学校で東京大学に発展)の生徒で、後に札幌農学校に進んだ大島正健の回想録に「上級学校である開成学校で行っている球技を同級生で見学した。羨ましく思い、手製のバットやボールを作って球技を真似てみた」とある。大島の同級生に田中舘愛橘がいた。大島の著書にも愛橘は登場する。二戸地方の人間で「ベースボール」と呼ばれる球技を最初に目撃したのは田中舘愛橘だったことは間違いない。日本体育協会が発行した「スポーツ100年」でも、明治初期に開成学校のアメリカ人教師・ウイルソンから愛橘が直接野球の指導を受けたことが書かれている。この明治7年頃は、会輔社の小保内喜代太が東京に勉学にでた年である。当然、旧知の間柄である愛橘とも会っていたはずである。愛橘日記にも喜代太ことが書かれている。



40才頃の田中舘愛橘
 
 ウイルソンの専門が数学(洋算)であった。喜代太の専門も洋算、物理、化学である。当時の外国人教師は、新聞社などの後援で公開授業(講演)を行っていたことなどを考えると、小保内喜代太と何らかの接点があったとしても不思議でない。現在よりも遙かにおおらかな時代である。喜代太も野球にふれたことであろう。
 喜代太は明治11年に帰郷し会輔社の教師に就任した。おそらくベースボールは新しい武芸とし僻村の人たちに受け入れられた。まさしく福岡に野球を伝えたのは、小保内喜代太を中心とした東京や盛岡などで学んだ明治10年代の会輔社関連の人物と思われる。 

目次に戻る

inserted by FC2 system