フェルトスイーツの第一人者  福田りお

 
 ここ数年、じわじわと人気を集めているフェルト(羊毛)スイーツ。そのパイオニアはカシオペア地域出身の福田(旧姓・菅原)りおさん。NHKでも講師を務めるほどの腕前!!。

 福田さんは、二戸市立福岡小学校、福岡中学校、県立福岡高等学校を卒業後、大妻女子大学文学部に進学。卒業後は学芸員として活躍。結婚後の子育て中に出会ったのがフェルトの世界。自分の感性を信じて独学で新境地を切り開きました。
  
 福田さんのつくる本物そっくりのケーキやクッキーはフェルトで作ったとは思えない作品。甘い香りまで届きそうな作品です。

 「作品を平面ではなく立体でとらえながら作ります。それに、作品を見本にクリームやくだものを使ってスイーツを作っても、きっとおいしいはずです」と話す福田さん。

 彼女を育て上げたのは、芸術を愛する父親。
 父親の菅原孝平さんは、教職の傍ら趣味の水彩画の世界を追求しています。

 「学校を休ませても親子で盛岡の美術展を見に連れて行ってくれました」と、子供の頃の思い出を語る福田さん。芸術を愛したユニークな菅原家の教育方針が、フェルトスイーツのパイオニアを生む原点だったかもしれません。
 
 平成22年10月には新刊の発行を記念して、東京・表参道で「親子二人展」を開催。多くの人を魅了したことでしょう。

http://www.as-sweets.com/
 

(フェルトのスイーツ)

(福田りおさん)


カシオペア地域応援情報誌「カターレ」創刊準備号で特集してます。

南部美人(岩手)純米吟醸ひやおろし 1800ml

戻る

inserted by FC2 system